化粧品買い替えの必要性

私の抱えるスキンケア化粧品の悩み

新しいスキンケア化粧品の購入検討をする前に、まずは今の自分が抱えた悩みや問題を整理してみることにしました。

 

こういった作業を行なうと、化粧品購入時の失敗が起こりにくくなると思います。

 

また私は「運命の出逢いかも!?」という思い込みによって衝動買いをすることが大変多いので、お金を無駄にしないためにも自己分析をしっかり行いたいと感じるようになったのでした。

 

エイジングケアや美白ケアが必要な年代になっている

三十路に近づいている私達の肌には、少しずつ加齢による肌トラブルが生じ始めているそうです。

 

いろんな意味で非常に疎い私は、シミ、たるみ、シワといった症状による苦悩は一切抱えていません。しかし乾燥や肌荒れは頻発しているので、楽観視しがちな症状にブレーキをかけるためにも、ワンランク上の美白・エイジングケア化粧品に変えるべきなのだろうなぁと感じつつあるのでした。

 

美白化粧品やエイジングケア化粧品はお高いんです

 

大変効果の高い美白化粧品やエイジングケア化粧品には、「価格が高い」という難点があります。

 

こういったコスメの使用によってシワやシミなどを予防できれば、「コストパフォーマンス的には大変良い」といも言えるのかもしれません。

 

でも化粧品代が家計を圧迫すると、そのストレスによって心身の不調が生じそうな気がするので、美容にかけられるお金は「1ヶ月5,000円以内」と自分の中で決めているのでした。

 

そんな私が今使っている敏感肌用コスメは、化粧水とクリームで1ヶ月3,500円ほどです。同ブランドの美白ラインに切り替えると、1ヶ月5,000円以上になってしまうので、年間18,000円ものコスト増は大変厳しいなぁと思っています。